// PADIダイブマスターコース| 城ヶ島ダイビングセンター – 城ヶ島ダイビングセンター

License

PADIダイブマスターコース

PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。
あなたのダイビング知識とスキルをプロレベルまで高め、コース修了後はダイバー達のリーダーとして、 さまざまな活躍の場が得られます。

あなたが初めてオープン・ウォーター・ダイバー・コースの海に入った時のことを覚えていますか?
水中で呼吸できる感動。目の前の素敵な魚たち。でも海で膨らむ不安感。初めての講習で、終わった後はぐったり疲れた人も多いはず。
そんなスタートのダイビングで、その時に安心してサポートしてくれる人がいたらどんなに心強いか、今の皆さんならわかるはず!
海の素晴らしさを、ダイビングの楽しさを多くの人と分かち合い、仲間をリードし頼りになるダイバーをめざしましょう。
城ヶ島ダイビングセンターではプロを目指すダイブマスター・コースを、海が目の前という素晴らしいコンディションと現地サービスとして
沢山の方々と触れ合え経験を積めるという利点を最大限利用し、コース終了の際にはプロとしてスキルと知識と姿勢がしっかりと身につくように、
PADIダイブマスター・コースを満喫しましょう。

コースイメージ

PADIダイブマスターになるとできること

  • PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
  • PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
  • PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
  • PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
  • 認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
  • PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
  • PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。

PRICE

参加費用

ダイブマスターコース

143,000

(税込)

参加前条件
PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニング、またはそれに準ずるものを修了していること。
ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
ログブックに最小限40回のダイブが完了していること。 18歳以上であること。
所要時間:最短8日 ※達成条件の終了具合とコース参加の日程調整で個人差があります

キャンセルポリシーについては料金表のページをご確認ください。

含まれるもの

講習料金、施設利用料、シリンダー代

含まれないもの

eラーニング料金、各種教材料金、ダイブマスター申請料、追加講習費

コース内容(最短8日)

ダイブマスターのコースは沢山の内容をフレキシブルに行っていきます。コース終了までの日程は達成条件の終了具合とコース参加の日程調整で個人差があります。
時間に余裕をもって、しっかりとした達成ベースで行わせていただきます。

知識開発

  • トピック1 「 PADIダイブマスターの役割と資質 」・・・・・・すべての水中セッションの前までに

※1.eラーニングでの学習の場合学科講習はオリエンテーションとしてトピック 1 のみとなります。
「マニュアル」と「ビデオ」を使って事前学習の場合、自習、プレゼン、ディスカッションの組み合わせで実施。各トピックのナレッジリビューの答え合わせを1日行います。
2.eラーニング又はマニュアル学習による知識開発終了後、ダイブマスターファイナルエグザム(パート1・パート2)を実施し合格する。

実技講習

水中スキル開発

実践応用

  • 知識開発

  • 必要器材

Apply

PADIダイブマスターコースのお申込みはこちら

申し込みフォームへ